確定申告を行わないといけないのはどういう人か?

会社勤めをしている人であれば会社で年末調整をしてくれるために、一般的には確定申告をする必要はありません。
ただし、副業で稼ぎ過ぎている場合には自分で確定申告をするケースも当然ながらあります。
それに確定申告をすることによって会社に副業をやっていることがばれたりすることもあります。

20万円の副収入があれば確定申告が必要

副業を行っていて1年間に20万円以上の所得があれば、自分で確定申告をしなければいけなくなります。
確定申告は国税庁のサイトをアクセスして確定申告書を作成することができますし、税務署で確定申告書を取りに行って作成することもできます。
ここで注意をしたいのが20万円以上の所得であって収入ではない点です。
所得というのは収入から必要経費を差し引いたものです。
例えば収入が22万円あったとしても必要経費が5万円かかったのであれば、所得は17万円になるのでこの場合は確定申告が不要です。


住民税の納付方法で自分に納付にチェックする

なぜ確定申告をして副業をしていることがばれるかというと、本業と副業の合算した額を基にした住民税額の通知が会社に届くからです。
副業がばれないようにするためには確定申告書の給与所得以外の所得に関しては自分で納付するようにチェックをします。

確定申告には十分に注意する

副業によって20万円以上の所得があれば確定申告をする必要がありますが、それによって副業をしていることがばれる可能性があるために、確定申告書で住民税を自分に納付するにチェックをします。